ここから始まった!

2009年6月25日

マイケルジャクソンが亡くなった。

その日から私の中で見ている世界が変わったと言っても大げさではないのです。

マイケルの事は、ライブを見に行ったこともあったし、ソロになってからのCDは発売と同時に購入していたし、いろいろな報道がされていたけれど、当時それは全然気になっていなかった。

でも

亡くなった後に、本当にたくさんの人が、マイケルが生きている当時、どんなことがあって、この曲を書いていたか(楽曲の多くを実はマイケル自身が作っていたのです)、どんなことがあってこの発言をしていたか、、、ネットや書籍で情報を沢山教えてくれました。

たとえば、白人に憧れて肌を白くしているんじゃないかという報道は、じつは白斑だったと側近のメイクアップアーティストが話していたり、子供の頃からスターだったから、どこに行っても自由に歩けなかった事。華やかな生活をしているように思えたけれど、いつも同じような洋服で、クリスマスも祝ったことがなかった、とか。

そういう情報をみているうちに、私が知っているマイケルってなんだったんだろう。そう感じました。

お金が絡む裁判も沢山起こされていたようでしたし、子供のことも無罪になっても未だに話が蒸し返される。

誰かを批判しているところを見たことがないマイケルが、インタビューで

“一度も会ったことのない人を批判してはいけない”

と答えていたのを見て、本人は沢山批判されてきたのに、それを守ってきた強さと、こころの底からの寂しさを感じました。

自分の想像だけで、人や物事を判断し見ていることってありませんか?

私にその事を気づかせてくれたのは、Michael Jacksonでした。